2018年8月11日土曜日

チョリータ近況報告@矢沼ステーブル 2018.8.11

◆矢沼ステーブルコメント

本日、チョリータが入厩しました。
早速、獣医師に蹄叉と体全体を診てもらいました。

右前肢蹄叉の部分は、触ると痛がりますので、痛がらなくなるまで舎飼いを続けます。
毎日、ばい菌が入らないように治療を続けていきます。
その後、痛がらなくなれば、WMを始めたいと思います。

蹄叉の部分に膜が張るようになり、痛がらなくなるまでには1週間はかからないと思います。
また全身を触診したところトモがくたっとした感じがありましたが、それほどひどくないので、笹針やショックウェーブは行わず、トモの強化のための治療を行う予定です。
よろしくお願いします。





2018年8月10日金曜日

チョリータ近況報告@小澤厩舎コメント 2018.8.10

◆小澤厩舎コメント

すいません。。
チョリータは、レース時に右前脚の蹄叉(テイサ)を剥がしてしまいました。
蹄叉が剥がれると人間でいえば爪が剥がれた状態と同じため痛がっています。

爪が伸びるのと同様に伸びてしまえば痛くなくなります。
獣医師に診せたところ、蹄叉が伸びるまで1か月との診断でした。
そのため、急遽矢沼ステーブルに放牧することとします。

診断からの今後は、1か月間休養、2か月目から1か月間乗り運動をしてから小澤厩舎に戻る予定です。

体調がアップして、成績も良くなってきたところで残念ですが、考えを変えて今年の夏はひどい暑さなので、夏負けになる前に休養して秋に備えたいと思います。
よろしくお願いします。










2018年8月6日月曜日

チョリータ 37戦目@浦和競馬場 9R 2018.8.6

2018年8月6日 (月) 浦 和第9競走 ダート 1500m (左) 天候:晴 馬場:良
特選
元気いっぱい!南区ヒマワリ賞C1三(サラブレッド系 一般 ) 

賞金 1着1,200,000円 2着420,000円 3着240,000円 4着180,000円 5着120,000円

7枠 8番 チョリータ 牝4- 54.0kg  484kg -5kg 8人気 秋元 耕成騎手で出走いたしました。

結果:6

勝時計:1:37:1  本馬:1:38:5 1.4秒遅れ 本馬上がり 40.8秒


◆小澤厩舎コメント

チョリータは、いつものようにガツンとくるようなパワーが感じられませんでした。
スタートは速かったのですが、外枠だったこともあり
無理には押っ付けなかったため位置取りが悪くなってしまいました。
砂を被ってもバタバタに下がることもなく、それなりに走ってくれました。
すみませんでした。



 ◆パドック






 






 ◆秋元騎手






 ◆返し馬



  ◆1コーナー前



   ◆レース後






2018年8月4日土曜日

チョリータ近況報告@小澤厩舎コメント 2018.8.4

 2018年8月6日(月) 浦 和 第9競走 15:25発走  ダート 1500m(左)
特選
元気いっぱい!南区ヒマワリ賞C1三(サラブレッド系 一般)

7枠 8番 チョリータ 牝4- 54.0kg  秋元 耕成騎手で出走します。


◆小澤厩舎コメント

チョリータは、変わりなく来ていますが、さすがに暑さで少し回復が遅れている感じです。
動きは変わりないので頑張ってもらいたいのですが、
今回も相手関係で何が何でも逃げる馬が2頭くらいいますので、その後ろに付けた競馬をさせたいと考えております。

 
























2018年7月28日土曜日

チョリータ近況報告@小澤厩舎コメント 2018.7.28

◆小澤厩舎コメント

チョリータは暑さにも対応できています。
前走と変わりありません。
次走の地元戦は、8/6(月)に組まれました。
頑張ります。





2018年7月21日土曜日

チョリータ近況報告@小澤厩舎コメント 2018.7.21

◆小澤厩舎コメント

チョリータは、いつものレース後と変わりありません。
飼い葉も食べていますし、夏負けの兆候もありません。
次走は、地元戦を予定しています。





2018年7月17日火曜日

チョリータ 36戦目@浦和競馬場 10R 2018.7.17

2018年7月17日 (火) 浦 和第10競走 ダート 1400m (左) 天候:晴 馬場:良 
雲取山(くもとりやま)特別C2二(サラブレッド系 一般 ) 

賞金 1着1,600,000円 2着560,000円 3着320,000円 4着240,000円 5着160,000円

5枠 5番 チョリータ 牝4- 54.0kg  489kg +2kg 6人気 秋元 耕成騎手で出走いたしました。

結果:2

勝時計:1:30:5  本馬:1:30:9 0.4秒遅れ 本馬上がり 40.0秒


◆小澤厩舎コメント

騎手には、「逃げ切れない馬場」「ペースが速い」と読んで、控える競馬をお願いしましたが、
以外にも、スタートで逃げると思っていた馬たちが出遅れてしまったため、
ペースが遅くなってしまい、その分、終い良い脚を使いましたが届かずとなってしまいました。
 
揉まれない競馬をすればこれくらいは走れます。
残念でしたが、負けて強の印象はありました。
次走は8月開催、浦和の予定です。次走も頑張ります。


◆秋元騎手コメント

チョリータは、控える競馬も出来ましたし、砂を被っても問題なかったです。
ハミはかけ続けていましたが、追い出すことはしなくても走る気が失せることはなかったです。
競馬の幅が出てきましたので、今後は楽しみです。
 




 ◆パドック













 


   ◆秋元騎手











 ◆スタート!  






  ◆ゴール前